argius note

プログラミング関連

〔廃止〕manga

箱舟はいっぱい (藤子・F・不二雄 異色短編集 3)

この中では、「イヤなイヤなイヤな奴」が一番好きです。

かんなぎ (6)

5巻を読み終わったら出てました。

僕の小規模な生活 (2)

有名漫画家さん方のエピソードが多いです。

かんなぎ (1)〜(5)

ひらがな4文字の題名を持つ、漫画やらアニメやらゲームやらが流行っている昨今ですが、そういうのはほとんど読んだり観たりしてないので良く分かりません。 そういうのとは関係なく、この漫画は、表紙の絵が綺麗だったので読んでみました。 落ち着いたテンシ…

GANTZ (24)

相変わらずわけがわからない。がんだむとか超スーツとか。

ムダヅモ無き改革

ベタな展開と言えるかもしれませんが、ここまで書ききってしまうのはちょっと凄いかも、です。 それにしても、名前はヤバくないんでしょうか。

HUNTERxHUNTER (26)

ピトー好きには垂涎の一冊、と勝手に思いました。私はそれほどではありません。 連載のをちょっと読んでしまったのでもったいないかも、でしたが、未読のところが非常に濃密で、読み応えがありました。 オオカミさんみたいなキャラがまた良い味だしてます。

LIAR GAME -roots of A- 甲斐谷忍短編集

LIAR GAME 番外編を含む6の短編。 全部面白いけど、やっぱり最近のが秀逸ですね。

LIAR GAME (7)

密輸ゲーム・ヨコヤとの戦いが終わって、次の敗者復活戦。今度は3戦2戦先取で、これまでのゲームと比べるとやや小規模なものが出てくるみたい。次の大きな戦いの検討をするために、溜めておいたネタを放出しているのでしょうか。 あと、不定期連載だからな…

ハチワンダイバー (8)

身の程を弁えないと死ぬ、というお話。

アフター0 Neo (2)

マイナーな書店で見つけた(猫本2と生活もココで)。 「チスイコウモリ」と「再開」が良かった。あー、無印まとめ読みしたくなった。

生活 (1)

福満しげゆき氏の初の長編らしい。 オジさんが何か気になったので読んでみた。...オジさーん! この人の絵って、一般人にはヘタウマに見られそうだけど、線が綺麗だし、画力はあるよね。そんなのは常識ですか。 ストーリーは、「小規模な〜」とかと同じよう…

猫本2

猫本2は、ネコが好きな人々のための、ネコが好きな人々による、ネコの漫画本です。 上の文章は、裏表紙に英語で書かれているのを訳してみただけ。それによると、数字の部分は"NYA"と読むようです。 2巻が出てたんだーシリーズの片方。(もう1冊はまだ読んでな…

赤塚不二夫さん 追悼

ご冥福をお祈りします。 青梅の記念館をストリートビューで。 http://maps.google.co.jp/maps?ie=UTF8&ll=35.790365,139.260796&spn=0.003107,0.00523&z=18&layer=c&cbll=35.788805,139.260556&panoid=e4P_HLInRXgBSobfXK1hrw&cbp=2,160.66049918615624,,0,4…

ONE OUTS (全19巻)

"LIAR GAME"の甲斐谷忍さんの作品。 どこかで「野球版アカギ」と評しているのを見かけたことがあるけど、序盤で「保留癖」についてのエピソードがあるあたりは、まさにそれだと思った。「野球版"LIAR GAME"」とも言える。 プロ野球とアカギと"LIAR GAME"が好…

黒博物館スプリンガルド

こっちはどちらかと言うとからくり的。あきらかにオートマータです。藤田和日郎的お約束の世界が好きな人は両方読んでみよう。

邪眼は月輪に飛ぶ

なんとなく、うしとら的活劇。読んだあと玄関開けたら邪眼がいてびっくりした。

衛星ウサギテレビ (2) -完結-

すっかり忘れていましたが、完結とか書いてあってびっくり。終わり方がやけっぱちな感じに見えるんですけど、次回がんばってほしいです。 これが2週間前の話。

プーねこ (3)

今回はクロスワードと立体視が含まれています。それがちゃんとオチに関連付けられているのが凄い。通常でもひねりが効いている作品が多い。マニアックなため一般受けしないとは思いますが。 さて、個人的には長編の怪獣モノが面白かった。怪獣モノ自体はそれ…

殺し屋さん (3)

クオリティ下がってる感が否めないが、この巻の中盤と懺悔の最初の方は面白かった。

うちの妻ってどうでしょう? (1)

「〜小規模〜」もそうだけど(基本は一緒だから当たり前だが)、ケンカしたときの妻の罵りが好き。ケンカのあとでケロッとして(?)、あまつさえ「またコンビニで働ける? がんばんなさいよ」と励ましてくれる。良い奥さんですね。 言葉の話は、正しいのを覚え…

電波の城 (6)

谷口が本城側について、詩織と対立することになったら、もうひとひねり欲しいところですね。

未来日記 (6)

ここまで読んできて、未来の予知という能力自体は派手ではあるが、バリエーションは地味だな、と思った。あと、由乃以外のキャラが生きてない気がする。 むしろ神サイドの動向がどうなるかのほうが面白そう。

ハチワンダイバー (7)

勢いで読むべし。

なるたる (全12巻)

現在「ぼくらの」を連載中の鬼頭莫宏さんによる作品。 基本的なビジュアルと描写は、あまり好きではない。色んな意味で気持ち悪い表現も多いけれど、主人公の溌溂とした様や、不思議な世界観は心地良いところもあります。また、雰囲気は「ぼくらの」に似たと…

GANTZ (23)

久々に見ると頭がついていかない。この作品は適応しにくい。 東京チームより遥かに戦い慣れている上に、無敵なんじゃないかと思わせる武器。そんな彼らでさえ戦慄する敵。そうやって不安にさせるのはパターンなんだけど、予想はつきにくいので面白い、のかな…

最近のいろいろ

最近は非マンガ本が読みたい気分が続いていますが、マンガもちゃんと補給してます。 「ストーンオーシャン-ジョジョの奇妙な冒険part6-」の文庫版のリリースがちょっと前に始まった。 全部出揃ってからかな。 それより、SBRにそろそろ手を出したい。 「週刊…

アカギ (21)

微妙に進展があったけど、遅々として進まず。牛歩ですか。他のお仕事にかまけてないで、さっさと進めてほしいものですね。というか、もうどうでも良いです。

ギャグマンガ日和 (7)〜(9)

そんなにつまらないわけじゃないけど、ツボにくるギャグはほんのわずかだったりする。 でも、電車の中でそれに当たると、ヤバイ。

ニニンがシノブ伝 (全4巻)

見習いくのいちのシノブとそのお供である音速丸が(主に)巻き起こすドタバタコメディー。 連載は月刊コミック電撃大王(あずまきよひこ氏の連載が有名)で2年前まで5年半。しかし1話8ページだったため、4巻しかない。その分、コマ割りは4段でワイド版、文字…

ハチワンダイバー (6)

あの勝負の結果は意外と言えば意外かな。で、新たな展開につながってる。 以前、将棋が打ちたくなったと書いてますが、今は別のに興味が移ってしまって、打ちたい気分はちょっと薄れてしまいました。

HUNTERxHUNTER (25)

いきなり出だしがサービスシーン?というか、ヒナってそういうキャラだったのか。ピトーは少女マンガ(それもちょっと昔の)チックなお顔するし、冨樫チックなお顔もなさいますが。 シュートがかっこいいです。最初は変なつかみどころのないキャラだったのに、…

シャーマンキングの完全版が出るとか

シャーマンファイトの最初だっけ、あのあたりまでは面白かったんだけど、途中ぐだぐだになって「行くぞ→完」のような終わりかた、というか、それすら記憶に無いほど悲しく消えていった。 それがこの度、完全版コミック化。書き下ろしを300ページ以上追加した…

エンブリヲ (全3巻)

平積みされていた表紙に惹かれるものがあったので、読んでみました。 この作品は、絵の雰囲気は一見70年代くらいの古い印象を受けますが、1995年頃にアフタヌーンで連載されていたもののようです。(このサイトによると、同誌では寄生獣の連載が終わろうとし…

未来日記 (5)

あれれ、あの人が退場ですか。文字通り命を賭けて守る。 由乃の謎は深まるばかりだが、日記の予言の通りに事が進んでいく。本当に HAPPY END になるの?

宇宙家族カールビンソン (?)

闇金ウシジマくん (1)〜(9)

何かの縁で読んでみた。 おお面白いねこれ。特定の人格の特定の視点ではなくて、登場人物それぞれの視点で物語が進む。闇金なんてやってる丑嶋も同業者たちも多重債務者も、一般市民から見たらおっかない存在ではあるが、活きた人間が描かれている。絵柄は上…

ドラえもん (1)〜(3)

てんとう虫コミックス。最後に読んだのは何時だったのか。 当時は子どもで社会のことをほとんど知らなかったから、ちょっとした違和感、時代錯誤な感じも軽いものだったけど、今現在から見ると約40年前の作品であり、ものすごく時代の違いを感じる。野比家で…

シグルイ (1)〜(9)

グロ注意ではあるが、肉体の描写がすごい。人体図とかふつうに描けてしまう。というか、描いている。 剣術の薀蓄なども面白いが、時代背景の風俗的な描写も、時代物として面白い。 しかし、後半に行くに連れ(まだ完結してない)、ドロドログチャグチャな感…

僕の小規模な生活 (1)

有名どころのサイト各所で引用されてたので、読んでみた。 もちゃもちゃした奥さんが妙にかわいい。黒髪ショートで丸っこいところで南九州系な感じが良いです。主人公の妄想具合も面白い。 くせのある絵柄だけど、線がはっきりしていて読みやすい。この人の…

ドラゴンノート (DB*DN)

楽天が運営するポータルサイト : 【インフォシーク】Infoseek あはははは。キモーい。特にpage.5辺りのセルとベジータがキモい。

電波の城 (5)

これも忘れてる。最初から読み直すか。

LIAR GAME (6)

密輸ゲーム完結。 だめだ、ルール自体を忘れてしまった。電車の中で読んでたので、読み返せなかった。だったら家に帰ってから読めば、なのですが、どちらにしても分からなかったでしょ。

AKIRA (全6巻)

特殊な装丁で、通常の単行本なら10巻は超える量。昔読んだような気がするんだけど、内容を全然覚えていないので読んでみた。読んだけど、やっぱり未読だったのか。 あまり好みではないが、近未来SF作品としては高い完成度だと思う。

ハチワンダイバー (5)

一週間くらい前に読んだのを忘れてた。 告白のところ、電車の中で読んでいて笑いを堪えきれず。ありがちだけど、バカと熱さと勢いに負けた。受け師さんの笑顔も素敵。絵が微妙なところも少なからずあるんだけど、そんなのどうでも良くなってくる。

未来日記 (4)

ちゃんと読めてない。一気に登場人物が増えた。彼女宣言。

探偵儀式 (4)

龍宮と伽藍堂の正体に迫っていく、ある意味新展開。 誰が主人公なのか分からないところが面白いかなと思った。

ぼくらの (1)〜(6)

アニメ化関連で話題となったらしい作品。今日読んでみるまで、どんな話か全く知りませんでした。特殊なロボットモノというイメージが先行していましたね。 この手の話は14歳の子供たちというのが相場ですが、この話の登場人物たちは中学1年生なので12か13歳…

GANTZ (22)

加藤勝は正義と偽善の間で揺れ動く。大阪の人たちの詳細。 正義漢って嫌いじゃないけど、彼の描く話はそれが作為的な気がする。

ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編 綿流し編 祟殺し編 -それぞれ全2巻-

漫画版。各章が2巻ずつというのは、短すぎる気がしますね。個人的には、原作の話の長さ、くどいと思う位のあの長さが好きなので。 絵の好みなどでも大きく意見が割れるところでしょう。