読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

argius note

プログラミング関連

開発しています



もやしもん (1)〜(9)

一時期話題になった作品。熱が冷めてきたかな、と思って読んでみたら、面白いこれ。 すごくマンガです。 実のところ劇画というマンガが多い昨今、特に青年マンガは必然的に劇画になるものです。ところがこれはとにかくマンガ的手法にこだわっているという感…

絶対可憐チルドレン (19)(20)

悠理の秘密とか。 紫穂と賢木先生の絡みが結構好き。 上の本とこれは偶々ですよ。寧ろ読んで思い出したくらいです。

GANTZ (28)

カラー折込ページ付き。その他も絵が多い巻でした。 集結・・・。

シバトラ (4)〜(15) -完結-

前半は予定調和が多いのに比べて、後半はアンハッピーな展開が続きます。最後は...? 前作、前々作と比べると短めなのは打ち切りだったのでしょうか? 深読みすると、敢えてこの長さでやりたかったように見えなくもないかな、と思ったので。落ち的に。 この…

侵略!イカ娘 (1)

普通の面白さ。かわいい。動物を愛でるような感じ?

シバトラ (1)〜(3)

やだ、かわいい... 「サイコメトラーEIJI」「クニミツの政」のコンビ、安童夕馬・朝基まさし両先生の作品。題名は正確には"[シバトラ]"らしい。 中学生にしか見えないショタ系青年、柴田竹虎が色々なギャップに負けじと奮闘する。その容姿を活かして中学へ…

TOUGH (1)〜(9)

猿渡哲也先生の「高校鉄拳伝タフ」の続編。 「高校〜」の方は連載誌でちょっとだけ読んだことがあって、そのとき主人公の父親のキャラクターに興味が沸いたので気になっていた作品。 鬼龍は某漫画の鬼さんと「うしとら」の凶羅を足して2で割ったようなキャラ…

ガレキの翔

1995年頃の作品てあとがきに書いてあったかな。島本和彦先生の作品。 ガレキって良く知らない世界ですがマンガはいつもどおり面白いです。名前「我零寺鬼堂翔」がベタすぎて笑った。長さが中途半端なのは打ち切り? あとがきに書いてあったのは事実?

LIAR GAME (11)

椅子取りゲーム本番開始。あの男の正体が明らかに。 あいかわらず絵が不安定...

絶対可憐チルドレン (19)

おまけ(サプリ含)のほうが面白い気がする。ごめんなさい。

HUNTERxHUNTER (27)

忘れた頃に。 3分も経ってないようです。

ハチワンダイバー (13)

同じく先週末に読みました。 澄野が咬ませ的展開が多いですね。でも彼は格闘が強いので居場所はある。...斬野は? ちっちの話は面白いです。 武道大会編とか全国トーナメント編のパターンでマンネリになりそうな展開を、人物の描写を厚くすることで高いテン…

未来日記 (9)

先週末に読みました。 みねねの存在感が飛びぬけていますね。主人公空気? 作者様のお気に入りなのでしょうね。スピンオフもあったし。

少女ファイト (6)

待望の最新刊。特装版を買ってしまいました。通常版と違って、表紙が違うんですよね。特装版は確か4巻からで、男子バレーの面々が表紙を飾っています。この巻は由良先輩。 今回はいつも以上に駆け足な感じの展開。あの人たちも登場しちゃうし。あの人はばら…

電波の城 (9)

ついに彼女の正体が。 これからクライマックスへ向かうのか。それとも、まだまだ手の内を隠し持っているのか。

LIAR GAME (10)

先週読んだのを忘れてました。 新たな強敵が登場。ヨコヤはもしかして咬ませ犬に?

GANTZ (27)

先々週読んだのを忘れてました。 だらだらとした戦闘は終わり、新たな展開に。 嵐の前の静けさなのか、夜中だからなのか、妙に静かに感じるシーンが多いのが、何だか心地よい。

絶対可憐チルドレン (18)

改めて読んでみると、後半(11巻以降?)はちょっとパロディがくどい。絵も随分と変わってしまいましたね。どちらかというと悪い方向に。 中学生のチルドレンたちも悪くないけど、7巻あたりが絵のタッチとかも含めて好みだったのに。

死刑執行中脱獄進行中−荒木飛呂彦短編集

たまたま書店で見かけたので読みました。 すべてが「波紋や幽波紋が出て来ないけどジョジョ」って感じの話です。 デッドマンズQは、訳の判らなさ加減がジョジョ第六章の後半に似ていると思いました。最近の作風は、良くも悪くも「ブッ飛んで」います。

ハチワンダイバー (12)

既にラブコメになりつつあるハチワンですが、今回はちょっと核心が垣間見える展開です。

LIAR GAME (9)

本戦開始。ヨコヤとの再戦が始まりました。 ナオのお決まりの必勝法サギが炸裂。

パラレル同窓会 (藤子・F・不二雄 異色短編集 4)

表題の「パラレル同窓会」と「かわい子くん」「鉄人をひろったよ」あたりが良かったかな。 3からカメラのセールスマンの話が多くなってきました。

ムダヅモ無き改革 (2)

2巻が出るとは。 展開が読めそうで読めないところが良いです。 歴史の勉強になる?

探偵儀式 (6) -完結-

ありがちな終わり方。

アスカ@未来系 (1)

「燃えペン」の島本先生の最新作。読んだの忘れてた。 ひとことで言うと、ターミネーターに、島本流学園コメディの味付けをしたもの。

絶対可憐チルドレン (1)〜(17)

以前(http://d.hatena.ne.jp/argius/20060604/1149456667)4巻まで読んでましたが、改めて最新刊まで読破。 この3年間、連載も継続していて、アニメ化もされたようで。人気があって何よりです。 何から何まで、王道をやり尽くしていて、さらにそれを描き切…

喧嘩商売 (1)〜(3)

「幕張」「泣くようぐいす」の木多康昭さんがヤンマガで連載中の一品。 基本的なノリは前述のと同じなのですが、それらと違って格闘シーンは真面目に描かれています。 これも基本が下ネタなので、何も考えずに読むのが良いでしょう。

マンガ家田中K一がゆく!

前に読んだのを忘れていました。 田中圭一さんは、手塚治虫先生そっくりの絵柄で下ネタを扱うという手法で有名なマンガ家さん。それと、サラリーマンと兼業でマンガ家をやっていたつわものでもあります(ちなみに、いまでも兼業のような状態のようです。)こ…

パンプキン・シザーズ (1)〜(6)

以前、漫画が話題になったときに、「最近何読んだ? けっこう幅広く読んでるから知ってるかも」と吹いてみたら、これを出されて、読んでないし名前も知らなかったので、ちょっと恥ずかしい思い出のある作品です。架空の国が舞台ですが、雰囲気やドイツ語らし…

ゼロ ヴィーナスの腕編

集英社ジャンプリミックス。ペーパーバックの総集編です。ブラックジャックとかザ・シェフの類の、裏の天才○○師の一。ただ、前者と違って完璧超人みたいな設定です。そういう意味ではゴルゴ13に近いかもしれません。 主人公ゼロは、謎の天才贋作師。専門家に…

ギャグ漫画日和 (10)

久々。銭湯の話とかが面白かったかな。

週刊わたしのキモいペット

グルグルの衛藤さんので、携帯コミックの書籍化。 1話完結のギャグで、短めなのでテンポが良い。お得意の、かわいい子とおっさんを同時に出す技が光ります。氏の4コマ時代のスタイルに立ち返ったかのようです。 続編は出るのでしょうか。

GANTZ (26)

新章。暫し日常に戻り、カウントダウンを告げられながらも、いつもどおりに生活する面々。 最初の話でとても幸せ。あと、たえちゃんのにらんでるの面白い。

未来日記 (7)(8)

まただ。7巻の記録がない。いつ読んだっけ。 最近の話は、ちょっと中身が薄い気がします。 漠然とした表現になってしまいますが、なんかちまちましている。最初の頃は、もっと表現が大胆で、壊れっぷりが心地良い感じだったのに。

電波の城 (8)

久々にマンガで気分をスッキリできました。今回は割と大きめの未公開情報が明かされます。他にも、本城と谷口の絡み(あっちの意味ではない)とか、詩織のご乱心と悪女っぷりとか、読みどころが目白押しです。 最後は、見事に引っ張ってくれてます。 題材と…

ハチワンダイバー (11)

将棋を分かった気にさせてくれるのが面白さの秘訣なんだと思います。 大ゴマが多いけど、その分、中身が詰まってるんですよね。

孤独のグルメ -文庫版-

パロディの元ネタで知られるった作品。高級料理は登場せず、主に東京近辺の実在する(ように読める)大衆食堂などが登場する。 なんというか、ハードボイルドな感じ。

G戦場ヘヴンズドア (全3巻)

「少女ファイト」の日本橋ヨヲコさんの作品。 隔月連載だったからか、巻数は少ないけど中身は充実していると思います。静かな熱さが「少女ファイト」より凝縮されている感じ。 彼女のマンガはもっと読みたいです。

ハチワンダイバー (9)(10)

間抜けな状況から一転、熱い展開。 未完成の必殺技みたいのが出てきた。 9巻は去年読んだかもしれません。書き忘れてました。 (ハチワンダイバーの過去の日記がおかしいので直す。→完了。)

GANTZ (25)

大阪編完結。そして終末へ.....? なんのこれしき。

凹村戦争

西島大介さんのデビュー作。 以前、「世界の終わりの魔法使い」をちょっと読んだときは、よく理解できませんでした。これも同様。 雰囲気は好きです。

少女ファイト (1)〜(5)

けっこう前から気になっていて、読んでみたら無限ループに。バレー漫画は、「リベロ革命!!」「ヨリが跳ぶ」以来のヒットです。 私は、河合克敏さんとか岡崎二郎さんの描かれるようなくっきりした線の絵が好みなので、ちらっと見かけたときに記憶に残っていま…

機動戦士ガンダムさん よっつめの巻 -完結-

4巻目で最終巻。 「いきもの」と「女医セイラ」が面白い。ベタなあたりが。ガンダムが妙に怖い。 3巻は読んだはずなのに、日記に書いていない。なぜ?

LIAR GAME (8)

敗者復活戦、決着。やや盛り上がりに欠ける展開ではありますが、面白いです。 17ポーカーのネタはほぼ読めました。めずらしく。簡単だったから?

NANA (1)〜(19)

最後に読んだのって、3年も前だったのでびっくり。いや、14巻だけ読んでたような。 というわけで、内容忘れたので最初から読みました。 愛欲まみれすぎて胃もたれがするのと、タバコが出て来すぎなのは嫌。一般人にとっては、今やタバコはカッコ悪いアイテム…

気楽に殺ろうよ (藤子・F・不二雄 異色短編集 2)

"ミノタウロスの皿"の時のインパクトが無いような気がしました。

探偵学園Q プレミアム

探偵学園Qのその後のお話。気が抜けた炭酸のような出来。どうせやるなら本格的に、といいたいところですが、もう伏線がほとんど無いので面白くならないでしょうね。

みんなあげちゃう (全19巻)

もてない主人公が突然、大富豪一族の娘にアタックされる。実はその一族はとんでもないスキモノ一族だった。それから主人公は何故かモテ始める。 全体的にバカバカしすぎて笑えます。20年くらい前の作品なので、絵がちょっと古いのですが、女の子が少女マンガ…

電波の城 (7)

そう来たか。詩織の壊れっぷりが面白い。好きな展開です。

探偵儀式 (5)

展開がわけわからなすぎです。