読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

argius note

プログラミング関連

開発しています



手紙 - 東野 圭吾

book

ついに最近の作品に手を出してみた。
若手人気俳優をキャスティングして映画化された作品。ミステリーではない、よね? だからちょこっと内容に触れておく。
両親を失い家計を支える兄が、弟を大学へ進学させたい一心で強盗を働いてしまい、殺人まで犯してしまう。殺人者の親族として生きていく青年の苦悩を、実に淡々と描いていく。フィクションではあるが、現実に起こり得る話であり、実際に苦しんでいる人たちがきっといるのだろう。そう思いながら読んだわけではないが、とても重くて悲しいテーマの物語である。それを、何も知らない傍観者のような静かさでつづっている。
思うに、このような問題について、彼(東野さん)が出した答えを、小説にして伝えようとしているのだろう。
映画は、期待はしないけど見てみたいと思った。