読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

argius note

プログラミング関連

開発しています



十角館の殺人 (新装改訂版) - 綾辻 行人

book

東野さんの「名探偵の掟」を読んだときと同じで、「マニアによる、マニアのためのミステリー」と感じさせる作品。読んでいて、もうお腹一杯、な気分になります。解説にも、この作品じゃないけど登場人物がお互いを有名ミステリーの登場人物で呼び合うのに辟易した、と書かれている箇所がある。
結末は良く分からないところもあるけど、好きな締め方だと思いました。
デビュー作なので、もっと後になってからの作品ならそんなに嫌な感じはしないかもしれない。


次は、佐々木倫子さんが漫画化した作品を読んでみようか。漫画の方を読む前に。