読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

argius note

プログラミング関連

開発しています



さまよう刃 - 東野 圭吾

book

以前読んだ「手紙」は、犯罪加害者の親族という視点だが、この作品は犯罪被害者の親族の視点。実際には、加害者や警察の視点を主観的に描写している。
作品中の主題については、有名な事件がすぐに連想された。20年前の事件と、最近判決で話題になったあの事件である。フィクションを凌ぐ残虐非道な事件の数々が惨さを強調する。
そして、読み進めていくと、「テロリストの挽歌」を思い出した。


私は、肯定してしまう側の人間。