読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

argius note

プログラミング関連

開発しています



どちらかが彼女を殺した - 東野 圭吾

book

加賀恭一郎が登場する作品です。彼は主人公ではありませんが、独自の推理と捜査(スタンドプレーではない)でいち早く真相に近づく刑事という役柄は、彼が刑事として登場する作品に一貫した性質だと思います。シリーズものでないとも言われますが、読んでみると「加賀恭一郎シリーズ」と言っても良いように思えます。
舞台は東京で、兄は地方の交通課の警察官。妹の死に疑問を持った兄が独自に捜査を進めていくと、その行動に気づいているのか、加賀恭一郎が都合よく現れて...
ラストがまた意地悪というか、挑戦的と言うか。東野さんらしいというか。