読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

argius note

プログラミング関連

開発しています



赤い指 - 東野 圭吾

book

読んだのは先週。短いので、その日に読み終えてしまいました。


私の好きな加賀恭一郎シリーズです。彼の近縁者が登場して、そちらの話と事件が並行します。事件は、社会派的題材が幾つか散りばめられた、後味の悪い内容です。実際にありそうで嫌な気分にさせる描写力なのでしょうか。エピローグにはちょっと救われました。


このシリーズが面白いのは、加賀恭一郎が初登場したときはそれほど面白味を感じるキャラクタではなかったのに、結果的にシリーズとなってからは、いつのまにか個性が肉付けされていって、後付けなのに非常にしっくりくるところです。初登場時の印象があまりにも薄かったので、そのギャップが強い興味を惹き起こしているのかもしれません。


余談ですが、「さまよう〜」が映画化するらしいですね。