読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

argius note

プログラミング関連

開発しています



地元で火事

diary

8日の土曜日、少し遠出をするので2人で朝早く、6時半頃に出かけました。
最寄駅へ向かうため、いつも通勤のときに通る道を歩いていると、進む方角から少量でない煙が流れてきました。こんな朝早くから焚き火でもやっているのだろうか、それともボヤでもあったのだろうか、と思って曲がり角を越えると前方に煙幕が上がっています。人の動きがあわただしく、何かがあった様子が伺えます。辺りは煙たい匂いで満たされ、息も苦しくなってきたので、別の道から行こうとすると、今度は消防車が立ちふさがっていました。
別の道から現場の反対側へ抜けると、太い放水ホースが何本も地面を這っているのが見え、消防車が何台も停まっているのが見えました。ここでやっと、思ったよりも大きな火事になっていることが分かりました。サイレンの音があまりしなかったのは、もう消火活動が落ち着きかけていたからでしょうか。
帰りにその現場を通ると、同じ建物にスナックらしき店が2軒ある2階建ての建物でした。建物は崩れてはいませんでしたが、店だった1階も2階も黒こげでした。さらに隣の建物も放水で水浸しになり、営業が出来ない状態になっていました。扉が燃えてしまったからでしょうが、入り口には板が裏から宛がわれ、ガードマンが見張っていました。


今朝もその前を通ると、現場の反対側の空き地に原型を失った椅子やら冷蔵庫やらの燃え殻が積み上げられていました。
近所ではないのでこれ以上詳しい情報は分かりませんでした。怪我をしたり命を落としたりした方がいないと良いのですが。