読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

argius note

プログラミング関連

開発しています



MozBackupでFirefoxとThunderbirdのらくらく引っ越し

PC diary

PCの交換があったので、FirefoxThunderBirdの引っ越しをしたいけど、以前の引っ越しでは標準のプロファイル移動だけでやってみたところ、面倒な上に設定を完全にはコピーできないのでちょっと不満でした。


他に方法が無いか探してみたら、見つかりました。
MozBackupというツールです。

概要

MozBackupは、FirefoxThunderBirdを始めとしたMozilla製品のバックアップとリストアが手軽にできるツールです。

安定バージョンの1.5.1は、2011-05-29にリリースされていて、開発が止まっているのか、もうやり尽くしたからなのか、それ以降はリリースされていません。


画面は、ちょっと古いタイプのインターフェイスっぽいですね。でも機能は十分です。
移動してからアプリを起動すると、まるで前のPCで開いたかのように完全に復元できます。履歴やブックマーク、前回のタブやウィンドウまで復元してくれます。


実行環境

Windowsだけ対応しています。
残念ながら、LinuxMacもサポートされていません。予定も無いようです。

Sorry, no versions for Linux and Mac OS X. I don't have plans for doing these versions.

http://mozbackup.jasnapaka.com/support.php#linux-mac

FirefoxThunderBirdは、1.0以降のバージョンならOKのようです。今回は、Firefox 37.0.2、ThunderBird31.6.0で試しました。

PC交換では、Win7 32bitからWin7 32bitへ、FirefoxThunderBirdをバッチリ移せました。
ついでに、Win7からWin8.1にThunderbirdを移してみました。


セットアップと起動

下記URLからファイルをダウンロードします。

何度も使うものではないので、インストーラー版では無く、ZIP版を使いました。
また、日本語パッチもありますが、そこまで難しい英語では無いので無くても良さそう。


適当なフォルダーにZIPを展開して、MozBackup.exeを実行します。
起動するとウィザード画面が開きます。

バックアップとリストア

バックアップもリストアも、ほぼ同じ操作です。


起動すると、Welcomeページが表示されます。ここはそのままNextで次のページに進みます。


次はOperation typeのページです。
Operationでbackupかrestoreを選びます。どのアプリケーションに対して行うかは、下側にインストール済みのMozilla製品がリストアップされているので、それを選択します。
選択したら、Nextで次のページに進みます。


次はProfile selectionページです。
バックアップの場合は、バックアップするプロファイルと保存先を選択します。
プロファイルは、一つしか設定していなければそのままでOKです。バックアップファイルの保存先は、デフォルトフォルダーはマイドキュメント(Win8.1では「ドキュメント」)、デフォルトファイル名は製品名+バージョン+言語+日付+拡張子*.pcv)になります。今回は、Thunderbird 31.6.0 (ja) - 2015-05-15.pcvになりました。

リストアの場合は、バックアップファイルとリストア先のプロファイルを選択します。リストアは上書きになりますので、必要があればバックアップしておきます。
選択したら、Nextを押します。

ここで、次のページに進む前に、ダイアログが表示されます。
もしバックアップで既にファイルが存在していた場合、上書き確認が出ます。
次にバックアップファイルにパスワードをかけるかどうかを尋ねてきます。
いずれも選択すると、次のページに進みます。


次はComponents selectionのページです。
移動する対象を選択します。移動したくないものをここで外すことができます。キャッシュはデフォルトで外れています。
特に希望が無ければそのままでOKでしょう。

なお、引っ越しの際には、メールのデータが巨大すぎたので、メールだけ個別に移動しました。

Nextを押すと、Processing Operationページに進み、バックアップが開始します。

完了すると、Reportページが開き、終了です。Closeで閉じます。


バックアップしている間に、移動先にThunderbirdをインストール。もちろん先にしておいてもOKです。一度起動して、デフォルトのプロファイルを作成しておいてください。

バックアップファイルは、移動先のPCにコピーします。マイドキュメントにコピーするのが簡単です。
MozBackupも展開したフォルダーごとコピーしても良いかもですね。


おわりに

ストレスフリーで作業が完了しました。すばらしい!
これは公式で用意してくれても良いんじゃないかと思いました。